太りすぎも痩せすぎも禁物!妊婦向けダイエットをご紹介

Beauty Style

妊婦が健康的に痩せる【ダイエットするなら抑えるべきポイント】

太りすぎも痩せすぎも禁物!妊婦向けダイエットをご紹介

カウンセリング

適度に運動をする

妊婦さんがダイエットをする場合、お腹の中にいる赤ちゃんにも影響を与えてしまうため過度な運動はNGと言われています。そのため適度に体を動かし、体重の増加を抑えましょう。

食事内容を見直す

妊娠するとお腹が空きやすくなってしまい、食事の量が増えてしまうという人は少なくありません。特に食べ悪阻の人は、妊娠中に太りやすくなってしまうと言われています。そのため体重をキープし太らないようにするため、食事内容を見直してみてください。カロリーの高い物はなるべく控え、バランスの良い食事を心がけましょう。妊娠中に必要な栄養素を知っていると、食事内容を見直すときに役立てることができます。

毎日体重の増減を確認する

適度に体を動かし、食事内容を見直しても自分が現在どのぐらい体重が増えているのか知ることができなければ太ってしまう可能性があります。そのため日頃から自分の体重を確認し、前日に比べてどのぐらい量が増えているのか確認しておきましょう。体重管理をしていれば、数字で見ることができるため太らないよう意識的に行動することができます。

妊婦と赤ちゃんに必要な栄養素ランキング

no.1

たんぱく質

赤ちゃんの体を作るためにも必要なたんぱく質は、卵や青魚・豚肉や鶏肉などで摂取することができます。豚肉や鶏肉はダイエットに向いていない食材と思う人もいるでしょうが、たんぱく質は健康的に痩せるためにも必要な栄養素と言われているためバランス良く摂取しましょう。

no.2

カルシウム

骨や歯を作るためにも必要なカルシウムは、赤ちゃんだけではなく母体にも必要な栄養素です。妊娠中は赤ちゃんがカルシウムをどんどん吸収してしまうと言われているため、母親は積極的にカルシウムを吸収した方が良いでしょう。

no.3

葉酸

生まれてくる赤ちゃんの神経障害予防にも効果があると言われている葉酸は、ブロッコリーやほうれん草・枝豆などで摂取することができる成分です。最近は葉酸サプリなどもあるため、利用してみましょう。

no.4

鉄分

母親の貧血防止のためにも、鉄分も必要な栄養素です。妊娠中は赤ちゃんに血液を送り、出産時にも出血してしまうため鉄分を多く含み食材を食べるようにした方が良いと言われています。

no.5

食物繊維

妊娠中の女性は、便秘になりやすい人が増えるといわれているため便秘を防ぐためにも食物繊維はかかせない栄養素といえます。便秘を防ぐことはダイエットにも、繋がります。

広告募集中